借金の法的整理である債務整理

債務整理の種類についてのこと

債務整理というと一般的に思い浮かべることができるのは、自己破産です。大抵の人がそうなのですが、別にそれだけではないので、間違えないことです。


他にも任意整理というのがありますから、基本的はそちらのほうがお勧めできます。

自己破産というのは、強制的に裁判所が債務の免責を言い渡すことになります。


つまりは、それだけ力があり、また、条件を色々と満たしている必要があります。
そして、そんなことをするのですから、デメリットも数多くあり、今後、行動が制限されるようになります。

それが嫌な人も多く、また特定の職業では、それだけで拒否される場合もあります。



別にその人がお金にだらしないというわけではないのですが、お金に困っていることは確かであり、そして、自己破産をするような状況なのですから、警備員などは駄目です。



警察官などもできないようになっています。しかし、債務整理の中でも任意整理であれば、裁判所を通すことなく、お互いの同意で細かい条件の変更をすることができます。あくまで任意ですから、かなり交渉をしないといけないのですが、破産者という状況になるわけではありませんし、そちらのほうがよいと思う人が多いです。



債務整理をすること自体、あまり乗り気でない人もいます。



借りたものを返さない、ということに気後れしているのです。


しかし、これは悪いことではありませんから、しっかりと実行したほうがよいです。



弁護士などに相談するのです。



    関連リンク

    • 借金の苦しみから逃れるには債務整理があります

      借金で首が回らなくなるという言葉があります。借金というとネガティブなイメージですが、急な出費がある時に、お金が借りれる所があるというのは、とても便利なものです。...

      detail
    • 逃げる前に債務整理を検討しよう

      借金が返済できなくなったときに逃げ出したくなる気持ちがあるでしょう。しかしそのまま逃げだし放っておくと大きな代償を支払うことになる可能性があります。...

      detail