借金の法的整理である債務整理

借金の苦しみから逃れるには債務整理があります

借金で首が回らなくなるという言葉があります。


借金というとネガティブなイメージですが、急な出費がある時に、お金が借りれる所があるというのは、とても便利なものです。


ただ、何かの理由で毎月の支払いが難しくなり、返済が滞ってしまう人がいます。


なかには、自殺したり夜逃げしてしまうまでに追い詰められる人もいます。
そこまで追い詰められてしまった方の多くは、誰にも相談せずに一人で背負い込んでしまい、他に解決方法がないと考えてしまった人達です。



しかし、そのような解決方法では、誰も救われません。



苦しむ人が増えるだけです。


そうなってしまう前に、必ず弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。


借金の負担を減らすには債務整理という方法があります。



債務整理とは今ある借金を免責、または減額してもらって、負担を少なくすることをいいます。



その方法は4種類ありますが、まずはよく耳にする自己破産があります。全ての借金をなくせますが、これに抵抗のある方には、債権者に交渉して返済額を減額してもらう任意整理、裁判所に申し立てをして、返済額を大幅に減らしてもらう個人再生があります。



または、弁護士費用を出すことができない場合は、裁判所に依頼して債務の整理をしてもらう特定調停があります。
これらの方法は、借金に苦しんできた人にとっては、素晴らしい解決方法となるはずですが、それぞれメリット・デメリットがあります。


信頼できる専門家に相談して、自分に合った債務整理の方法を選びましょう。



    関連リンク

    • 逃げる前に債務整理を検討しよう

      借金が返済できなくなったときに逃げ出したくなる気持ちがあるでしょう。しかしそのまま逃げだし放っておくと大きな代償を支払うことになる可能性があります。...

      detail
    • 債務整理とは金融の一つで

      債務整理とは金融に関することです。要するに債務をどうにかしようということなのですが、実は法律的にどうこうするときもありますし、話し合いで済むときもあります。...

      detail