借金の法的整理である債務整理

債務整理とは金融の一つで

債務整理とは金融に関することです。



要するに債務をどうにかしようということなのですが、実は法律的にどうこうするときもありますし、話し合いで済むときもあります。


法律的なこと、というのは、一番有名なのが自己破産です。

これは裁判所が債務の免責を強制してくれますから、どんな借金でもとはいいませんが、認められれば債務はチャラです。
但し、破産者として登録されますし、公示されることになります。
公示することによって、債務が免責された、というのが正式に決まるわけです。
もう一つは、特定調停であり、これも裁判所がやってくれることです。

名前の通り、調停してくれるわけですから、完全にチャラになることはないです。



但し、それでもこの行為は金融屋のブラックリストに乗ることになりますから、基本的には避けたほうが良いです。



もちろん、どうしても債務で首が回らないのであれば、仕方ないです。



しかし、任意整理という方法もあるのです。



これによって、特に他の金融情報に傷をつけることなく、債務を減らしたりすることができます。
当然ですが、借りているところの信用情報でほぼゼロの評価になります。



横の繋がりが強い金融関係ですが、それでも自己破産よりはマシな債務整理の方法になります。

しかし、それでも債務整理自体が自分の金融情報を傷つけることは確かですし、出来ればしないほうがよいですが、首を括るよりは遥かにマシですから、よく検討して決めるべきです。

    関連リンク

    • 債務整理の種類についてのこと

      債務整理というと一般的に思い浮かべることができるのは、自己破産です。大抵の人がそうなのですが、別にそれだけではないので、間違えないことです。...

      detail
    • 借金の苦しみから逃れるには債務整理があります

      借金で首が回らなくなるという言葉があります。借金というとネガティブなイメージですが、急な出費がある時に、お金が借りれる所があるというのは、とても便利なものです。...

      detail